メニュー 閉じる

VALUX

「VALUX」はINS回線に代わり、パソコンバンキング用接続回線として提供される、銀行取引用のセキュアな回線接続サービスです。

ソリューション情報

1.サービス全体像

「VALUX」は、ご利用者様に対し、ANSER等のコンテンツ(ANSER-SPC/全銀ファイル伝送)に接続するサービスです。ご利用者様は、VALUXより発行される証明書を用いてマルチバンク認証を行うことで、複数の金融機関が提供するコンテンツを、同一画面、同一操作、同一認証で利用することが可能となります。



2.各サービスの特徴

  • ANSER-SPC(VALUX)

「ANSER-SPC(VALUX)」サービスは、ISDN回線で国内の90%以上の金融機関で採用実績があるANSER-SPCサービスの後継サービスです。 インターネットでVALUX証明書認証(端末特定)を行った後、ANSERセンタ経由で接続IDを通知し即時のインタフェースで口座情報等の照会や資金移動を可能とします。


  • ご導入のメリット

INSネットからの移行 ・2023年末INSネット廃止後のANSER-SPC後継サービスになります
セキュリティの強化 ・法人インターネットバンキングで利用されている電子証明書、ハード
ウェアトークンによる企業認証を標準で実装します
・証明書やトークンの配布はNTTデータが実施し、問合せや
サポートはVALUXカスタマーにて実施します
コスト削減 ・従来のANSER-SPCと同様に、パス課金でのご利用になります
1パス料金70,000円がVALUXでは50,000円(▲20,000円)
・従来のSPCアクセスポイント毎のパス設定から全国一律の共通
アクセスポイントのため分割損が解消されます
・BizSOLではオプション料金が必要な電子証明書認証やトラン
ザクション認証は企業負担のため銀行様の負担なくご提供可能です。

  • 全銀ファイル伝送

 「全銀ファイル伝送」サービスでは、VALUXクライアントのPCからインターネット経由で全銀協フォーマットのファイル送受信を提供いたします。また、金融機関様とは、eBネット経由での全銀TCP/IP手順による接続を行い、こちらはINSネットが廃止される2023年末以降も継続してご利用が可能です。


  • ご導入のメリット

INSネットからの移行 ・2023年末INSネット廃止後にサポート中止となる全銀TCP/IP手順、全銀BASIC手順によるFBサービスの後継になります
・企業のセンタ確認コード等の契約情報は概ね移行不要です
セキュリティ強化 ・法人インターネットバンキングで利用されている電子証明書、ハード
ウェアトークンによる企業認証を標準で実装します
・証明書やトークンの配布はNTTデータが実施し、問合せや
サポートはVALUXカスタマーにて実施します
各種サービス連携 ・AnserDATAPORTとの連携接続により、総合振込・給与振込等の連絡業務で必要なFAX認証に変わるファイル照合機能が利用可能
・全銀EDI(ZEDI)システムとクローク接続によるEDIデータ
フォーマットの取扱が可能



※その他、記載されている会社名、商品名、又はサービス名は、各社の登録商標又は商標です。