メニュー 閉じる

オンラインデータ連携基盤

横浜銀行様とNTTデータで開発した、事務のデジタル化により、これまで店頭で提供していたサービスのオンライン提供(非対面チャネル提供)を実現する基盤です。
ローコードプラットフォームとしての側面も持ち合わせ、ユーザ企業によるスピーディーかつ柔軟な内製化開発が可能です。

ソリューション情報

1.サービス概要

従業員による端末操作や判断、意思決定(承認行為)を含む事務手続きをシステム実装し、API化して外部提供することを可能とします。
RPAなどの既存のデジタル化事務を組込み、さらに高度化することも可能で、BPMによるエンドユーザを含むビジネスプロセス全体のデジタル化と管理、プロセスマイニング等による業務改善を通じ、シームレスで上質な顧客体験を実現します。

2.コンセプト

既存システムと連携する内部API、外部チャネル・サービスと連携する外部APIの開発により、銀行内外のシステム連携を実現する仕組みを提供します。
複数取引の連動や分岐制御の実装により、業務フローを管理・実行可能な仕組みを提供。継続的な業務改善を実現します。
フレームワークやローコード開発等の高効率開発機能を提供。開発コスト低減とリリーススピード向上の両立を実現します。

3.既存システムと外部サービスの連携

外部サービス・チャネルにとって「使い勝手のよい」粒度のAPI実装を実現。新たなサービスの拡充、顧客接点の拡大を実現するとともに、開発したAPIを活用することにより開発効率のさらなる向上を見込むことが可能となります。

4.業務フローの管理・実行

従前、銀行窓口担当者が属人的に判断していた処理や手作業で実施していた各システムのオペレーションを業務フローとして実装。個別事務の自動化や正確性向上とともに、統一されたバックエンド事務の実現を可能とします。

5.さらなるシステム拡張

横浜銀行様のオンラインデータ連携基盤は、NTTデータ提供のOpenCanvasのクラウドサービス(IaaS)を用いて構築いただいておりますが、クラウドの柔軟性・拡張性を活かし、初期構築完了後に以下のような対応を行い、現在もなお機能の拡充を続けております。

  • OpenCanvasマルチクラウド接続サービスを活用した、AWS等外部IaaSとのシステム間接続・データ連携
  • 外部サービスとの接続性向上を目的とした、AWSへのシステム拡張・移設
  • 外部サービスを組み合わせたデータ活用を推進する「データ蓄積基盤」のAWS上での構築とデータ連携