メニュー 閉じる

DX Suite (AI-OCR)

「AI-OCR」とは、収集した大量の文字データから文字の特徴を抽出し「ディープラーニング」の技術を活用することで、高精度な文字認識を可能とした次世代OCRソリューションです。「DX Suite」は、デジタル変革を加速する生産性向上のためのAI-OCRです。手書き文字を高精度でデジタルデータ化することで、様々なお客様の業務効率の向上に寄与しています。

ソリューション情報

1.サービス全体像

1.AI-OCRを用いて業務自動化
紙や画像中の文字を認識し、テキストデータに変換する技術を「OCR(Optical Character Recognition:光学的文字認識)」と呼びます。OCRそのものは決して目新しい技術ではありませんが、従来のOCRは書類に1文字枠が記載された専用帳票が必要などの制約が多かったことから、幅広い用途で使われるまでには至りませんでした。

このような状況を変えたのが、AI技術を採り入れたOCRである「AI-OCR」です。AI-OCRはAI技術の1つであるディープラーニングを利用し、手書き文字を含む多くの文字をあらかじめ学習しておきます。その学習結果を用いて、画像の中にある文字を認識することにより、過去のOCRと比較して圧倒的に高い認識精度を実現しています。

従来のOCRとAI-OCRを比較したとき、大きな差が生まれるのは手書き文字の認識率です。パソコンで印刷した書類の文字や書籍などの活字であれば、従来のOCRでもそれなりの精度で認識することができました。しかし手書き文字では認識率が大幅に低下することも少なくありませんでした。
しかしAI-OCRでは、膨大な量の手書文字を収集してディープラーニングで学習させたことにより、手書き文字でも高い認識精度を実現しています。

また、漢字とカタカナやひらがな、数字、アルファベットが混在している、あるいは名前に判子の陰影が重なっているような内容でも、AI-OCRであれば高精度に認識することが可能です。

すでにAI-OCRは幅広い領域で使われ始めています。具体的な活用例としては、申請書や申込書といった帳票に手書きされた内容をAI-OCRでテキスト化してシステムに入力するといった作業が挙げられます。AI-OCRを利用すれば、帳票に書かれた手書き文字が自動的にテキストデータに変換されるため、人手を割く必要はありません。また人が作業するよりも圧倒的に高速に処理できることも大きなポイントです。

2.AI-OCRにRPAを組み合わせると一連の業務をまとめてすぐに効果が出る
業務のさらなる効率化を目指すのであれば、AI-OCRから出力されたテキストデータの活用がポイントになります。

たとえば帳票に書かれた内容を業務システムに入力する作業の場合、帳票の内容をAI-OCRでテキストデータ化した後、そのテキストを手作業で入力するのではなく、RPAで自動化することが可能です。

このように自動化すれば、AI-OCRだけを使うよりも作業の手間を大幅に省くことができ、業務効率の向上をすぐに実感することができるでしょう。

RPAであれば既存のシステムや環境のまま、さまざまな作業を自動化できることも大きなポイントです。システムの改修には相応のコストがかかりますが、RPAなら既存のシステムのまま作業を自動化できるため、コストを抑えて作業を自動化できます。

3.OCR×RPA導入事例
地方自治体A様は、業務にAI-OCRである「DX Suite」とRPAの「WinActor」を利用し、自治体業務を自動化する取り組みを進めています。自治体の事務手続きにはいまだに多くの紙の帳票が使われており、手作業によるデータ入力業務が大きな負担となっていました。そこで地方自治体Aは、「DX Suite」を活用して帳票に記載された文字をテキストデータ化し、そのデータを処理する業務は「WinActor」で自動化しました。この業務における「DX Suite」の読み取り精度は99.9%を超え、年間稼働削減率も9割超を実現しました。

※「DX Suite」はAI inside 株式会社の登録商標です。
株式会社NTTデータはAI inside株式会社とConsulting Partnerを締結しております。