メニュー 閉じる

Wallet+

「Wallet+」は株式会社ふくおかフィナンシャルグループ傘下のiBankマーケティング株式会社が運営する銀行公式アプリです。金融システム基盤が異なる各金融機関と接続でき、地域金融機関のDXを進めるうえで抱える運用・コスト・人材・時間の課題を一度に解決いたします。

ソリューション情報

1.サービス全体像

「Wallet+」は金融サービスを顧客視点で再設計し、非金融サービスを交えてパッケージ化した地域金融機関のためのモバイルアプリケーションプラットフォームです。
地域金融機関のDXを進めるうえで抱える運用・コスト・人材・時間の課題を一度に解決します。

  • 特徴1:直感的で目的にたどり着きやすいシンプルなUI設計

Wallet+のサービス設計はデザイン思考のプロセスを活用し、度重なるユーザー調査を実施、課題やインサイトを深掘りし、複雑でわかりにくい金融サービスをゼロから作り直すことから着手しました。ユーザー行動やフィードバックから、アプリ上で簡単に資金移動し、お金を仕分けることができる目的預金や、銀行口座に直結した月々の収支管理、スマホ電子決済、自動投資など一般的な金融機能を一から見直しました。

  • 特徴2:金融と非金融が融合したプラットフォーム

金融機能だけでなく、独自のポイントサービス、生活情報、クーポン、Eコマースなどの非金融サービスを融合し、新しいデジタル化された金融体験をアプリケーションとしてパッケージ化しています。金融と非金融が融合することで日常的な暮らしの中で活用するアプリとして、ユーザーのみなさまに継続的に高い頻度で利用いただいております。
また、非金融機能は、地域の事業者さまのマーケティングの場としても活用されており、導入する地域金融機関は事業者さまの販路拡大・商品認知拡大といった金融支援を越えた新しい価値を提供できます。

  • 特徴3:各金融機関で共通のオープンプラットフォームにより様々なコストを大幅削減

Wallet+は一つの共通アプリプラットフォームとして、それぞれシステム基盤が異なる各連繋金融機関と接続することが可能です。共通プラットフォームとすることで、機能の開発コスト削減や、データ量の増加によるマーケティング精度の高度化が実現できます。
また、接続後のアプリの開発・運用はiBankマーケティング社で一括運営します。保守・運用や、機能改善開発などのグロースハックに関する運用リソースを、iBankマーケティング内で賄うため、金融機関は費用や時間はもちろん、専門人材確保など、デジタル化を取り巻く様々なコストを大きく削減することができます。