メニュー 閉じる

ESB管理基盤サービス(OpenCanvas)

「OpenCanvas ESB(Enterprize Servise Bus)基盤サービス」は、金融機関様の様々なインターフェースとクラウドサービスや弊社Anserサービスとの接続を可能にします。

ソリューション情報

1.サービス全体像

「OpenCanvas ESB基盤サービス」は、OpenCanvas上の中継基盤サービスとして構築し、金融機関様のあらゆる接続条件(インターフェース)でANSERサービスやクラウドサービスとの接続を可能にします。

また、オンライン通信だけでなく、FTPやHULFTを用いたファイル伝送通信にも対応しています。

  • TCP/IP | SOAP | REST | HTTP | CORBA | FTP | HULFT通信

      

2.サービスの特徴

  • 多数の金融機関接続インターフェース

約50行を超える金融機関様と接続可能なインターフェースを保有しており、お客様は現行の接続インターフェースを変更することなくご利用いただくことが可能です。

  • 接続の柔軟性

接続はリアル系・バッチ系の両方式に対応しているほか、SaaS型、あるいはアプリケーションへの組み込み型でも提供可能であるという柔軟性が特徴です。

※その他、記載されている会社名、商品名、又はサービス名は、各社の登録商標又は商標です。