メニュー 閉じる

EBNext2DX for Server

INSディジタル通信モードの代替手段であるVALUX(全銀)やAnserDATAPORTに対応した通信ソフトウェアとなります。また、企業様の基幹システムと容易に連携ができる為、伝送業務の効率化や自動化に寄与します。

ソリューション情報

EBNext2DX for Serverには大きく二つの特長がございます。
一つ目の特長はISDNの代替手段であるVALUX(全銀)とAnserDATAPORTに対応している点があげられます。その為、ご利用者様がお取引をされる金融機関の対応状況に合わせて通信方法を柔軟にご選択頂けます。
二つ目の特徴はご利用者様の基幹システムとの連携が容易な点があげられます。
EBNext2DX for Serverは下記三つの連携方式をご用意している為、ご利用者様がご要望される連携方式または実現したい連携方式に幅広く対応することができます。
① 通信クライアントによる連携
② REST-APIによる連携
③ 通信モジュールによる連携

なおご参考として、EBNext2DX for Serverをご導入頂きました企業様での利用シーンは下記の通りとなります。
●金融機関のCMSサービスと連携したマルチバンク接続
●伝送代行事業者の伝送基盤と連携したマルチバンク接続
●企業のERPと連携したマルチバンク接続
●業務パッケージと連携した自動入金消込・自動仕訳連携
●業務パッケージと連携した口座振替依頼・結果データの自動送受信

ISDNの終了も近々に迫ってきている中、代替手段に課題がある企業様や伝送業務の効率化に課題もしくはご興味のある企業様は是非、お気軽に。