メニュー 閉じる

TDnet API

・インデックスAPI
アクセスキー、銘柄コード及び期間条件を設定しリクエストすることで、条件に合致する適時開示の開示日付/表題/公開項目コード/開示番号等を受け取ります。

・書類API
インデックスAPIにて取得した開示番号を設定しリクエストすることで、適時開示PDF/XBRLをBase64形式で受け取ります。

API情報ご利用方法FAQテスト環境利用申請API接続申請

API詳細情報


API詳細情報についてはJPXウェブサイトをご確認ください。

※その他、記載されている会社名、商品名、又はサービス名は、各社の登録商標又は商標です。

TDnet APIのご利用方法

1.APIの仕様・料金体系を確認する。

サービスガイド・接続仕様書・Swaggerにより仕様や料金体系をご確認ください。サービスガイド・接続仕様書はこちらよりご確認ください。
ご不明な点がございましたら、遠慮なくご連絡ください。

なお、検証用として、Swagger上にテストサーバのアクセス先やアクセスキーを記載しておりますので、ご自由にお試しください。
検証に際しましては、以下の点にご留意ください。
・Swagger上でAPIの試行が可能です。Swagger上でリクエスト例(Curl)もご確認いただけますので、コマンド生成の参考としてご活用ください。
・インデックスAPI・書類APIともに、テストサーバのレスポンスはダミーデータとなります。
・インデックスAPIのダミーデータは3銘柄分となります(銘柄コード:10000、20000、30000)。本番サーバでは、銘柄コード、開示日付、訂正・削除フラグによる条件指定が可能ですが、テストサーバではこれらの条件指定はできず、必ず固定(当該3銘柄)のレスポンスが返ります。
・書類APIのダミーデータは1ファイル分となります。本番サーバでは、開示番号及び書類種別(全文情報PDF、サマリ情報PDF、XBRL関連ファイル )による条件指定が可能ですが、テストサーバではこれらの条件指定はできず、必ず返却タイプが「"1" fileData」である固定(当該1ファイル)のレスポンスが返ります。返却タイプが「"2" fileURL」のレスポンスは確認できません。

2.契約手続きを行う。

お申込みは当社の契約管理システム上で行っていただきます。
①利用申請フォームにて申請いただきますと、当社より当APIサービスの利用方法等(第三者への情報の再配信の有無(有の場合、配信方法の詳細)や利用開始希望日)に関し、確認のためのご連絡をさせていただきます。
②確認後、当社より契約管理システムをご案内します。当該システム上でお申込みいただきます。
③お申込み後、当社より利用料金の確認依頼をします。
④利用者様による料金確認後、アクセスキーをお渡しします。
なお、お渡し後3営業日の間、本番サーバへのテスト接続が可能です。
※テスト利用開始の2週間前までに利用申請フォームにてご申請ください。

3.APIを利用する。

アクセスキーを用いて本番サーバへPOST形式でリクエストをします。
利用料金は、利用量に応じて利用翌月に請求されます。

可能です。
インデックスAPIで取得する「表題」や「公開項目コード」をもとに、取得対象書類を絞ることができます。

PR情報、株主総会招集通知等の縦覧書類、ESG情報に関する報告書及び英文資料等を含む、全ての開示情報を取得できます。

基本料7万円+取得した資料数に応じたAPI情報料です。当月の全資料を取得した場合、料金はおおむね合計24万円になります。

過去5年間の開示情報を取得できます。

検証用として、テストサーバを用意しております。詳細はSwaggerをご参照ください。

ほぼリアルタイムの適時開示情報を取得することができます。


テスト環境利用申請


テスト環境のご利用を希望される方は、こちらのフォームから必要事項を記入の上、申請してください。
プロバイダ様の担当者からご返信いたします。
※この申請フォームだけでは申請は完了いたしません。
 仕様開示契約の締結が必要な場合がございますので、別途プロバイダ様とご契約をお願いします。


環境利用申請

API接続申請について


本APIとの接続を希望される方は、こちらのフォームから必要事項を記入の上、申請してください。
プロバイダ様の担当者からご返信いたします。
※この申請フォームだけでは申請は完了いたしません。
 仕様開示契約の締結が必要な場合がございますので、別途プロバイダ様とご契約をお願いします。


API接続申請