メニュー 閉じる

API管理基盤サービス(OpenCanvas)

「OpenCanvas API管理基盤サービス」は、APIを公開するためのオールインワンのフルマネージドサービスです。

ソリューション情報

1.サービス全体像

「OpenCanvas API管理基盤サービス」は、APIを公開するためのオールインワンのフルマネージドサービスです。本サービスの利用者は、APIについて専門知識を持たずとも、APIの公開することが可能です。

「OpenCanvas API管理基盤サービス」を導入することで、「既存システムの業務をWeb APIとして公開したい。」「公開に際して、標準規則に則りセキュアに公開したい。」といった課題が解決可能です。

2.サービスの特徴

AWSやGCPといったパブリッククラウドと比べ、開発の請負や各種メンテナンスを含め、API公開に関するシステム対応は全てAPI管理基盤サービスにて提供可能です。

Web API開発の専門による、提案型の開発をするため、お客様自身にWeb APIのノウハウがなくとも、インターフェース仕様や付帯するシーケンスなど、既存システムの仕様に応じた開発が可能です。

また、他社サービスでは、開発はしたものの、接続先がないという話も伺いますが、弊社は自社システムとの密な連携や閉域網での高セキュリティな接続も可能となっております。

  • 開発/保守要員の確保

開発を含む範囲をサービスとして提供しており、パブリッククラウドのPaaSのようにAPIを開発するための要員や、サービス開始後の保守要員を確保する必要がありません。

  • APIサービスとの接続先

OpenCanvas上に構築されたシステムとの連動や、eBNW・Connecureといった閉域網を利用した多拠点との通信が可能です。

  • 更改対応

OpenCanvas上に構築するため、今後の更改の手間はございません。

  • セキュリティ

24時間365日の有事監視やFISC準拠をはじめANSERセンタ相当の非機能レベルです。

※その他、記載されている会社名、商品名、又はサービス名は、各社の登録商標又は商標です。