メニュー 閉じる

「finbee」

ネストエッグ

日本で初めて金融機関の参照系APIと更新系APIを活用したFinTechサービスである、自動貯金アプリ「finbee(フィンビー)」を開発・運営。2018年10月、電子決済等代行業者に登録(関東財務局長(電代)第4号)

 finbeeと連携することで、自社顧客へ欲しいモノ/やりたいコトに向けた新しい貯金体験を提供できます。貯金方法は一般的な積立貯金だけではなく、歩いた歩数に応じて貯金できる歩数貯金や自分で好きなルールを設定できるマイルール貯金、毎日のお題にクリアすると貯金できるクエスト貯金など様々なバリエーションを用意しています。貯金を習慣化し、様々な貯金ルールを実行することで口座の活性化に繋がります。
 口座の活性化と同時に、自社顧客が何を欲しがっているか(何のために貯金しているか)を貯金目的から可視化できるため、目的に関連した商品/サービスを直接アプローチ可能となります。また、期日間際にも関わらず貯金進捗が芳しくない場合は、目標金額の不足額を融資するといったアプローチも可能となります。決済情報や行動履歴といった過去のデータを分析・予測する必要はなく、顧客が何をしたいのかを宣言した将来に関するデータを活用できるため、one to oneに近いマーケティングに繋げられます。
 finbeeは20代30代をメインターゲットとしたUI/UXでユーザビリティの高いアプリ開発を行っていると同時に、ユーザーとの双方向のコミュニケーションを意識した機能改善やカスタマーサクセスといった運用も得意としています。新たな貯金体験を通じて金融機関のDXに貢献しますので、協業に向けてご検討いただけると幸いです。