メニュー 閉じる

APIとは

API とは、アプリケーション・ソフトウェアを構築および統合するために使われるツール、定義、プロトコルです。API は、Application Programming Interface (アプリケーション・プログラミング・インタフェース) の略です。

APIは、アプリケーション機能や、データ等を、他のアプリケーションから呼び出して利用するための、
接続仕様・仕組みを指します。また、APIを、他の企業等に公開することを「オープンAPI」と呼びます。

API を利用すると、以下のメリットがあります。

  • 利便性・生産性の向上
  • セキュリティ・顧客満足度の向上
  • 手続きの電子化が可能
  • 開発コストの削減

「API Gallery」では金融APIを中心に多彩なAPIをラインナップしています。

Loading..